レビトラ薬に含まれるPDE5

レビトラという名前は、フランス語の男性定冠詞である「le」とラテン語で生命という意味の「vitra」を組み合わせたもの。

また、レビトラのパッケージはマッチの炎をモチーフにしており、マッチはこすればすぐに着火することから、薬の即効性を表しています。

PDE5という酵素を阻害することにより 、cGMP量を増加させ陰茎海面平滑筋および関連の小動脈を弛緩させて、陰茎を勃起させます。

PDE5…血流不足の原因は、血管の筋肉が硬くなって、ゆるまないことです。

これを改善する鍵となるのが、筋肉をゆるめる働きをするサイクリックGMPという物質です。

サイクリックGMPは、一酸化窒素(NO)の助けを借りて血管の筋肉のなかで生み出されていますが、“ある酵素”によってサイクリックGMPは分解され、その働きを失ってしまいます。

この酵素が、ホスホジエステラーゼ5(PDE5)です。PDE5の働きを妨げることによって、筋肉がゆるむ作用を増強し、血管を広げて血流を改善します。通常、勃起不全の治療に使われる薬です。

成人は1回バルデナフィルとして10mgを1日1回性行為の約1時間前に服用しますが、十分な効果が得られず、忍容性が良好な場合は20mgに増量される場合があります。

高齢者(65歳以上)や中等度の肝障害がある場合には1日1回5mgから開始し、最高量は10mgです。1日の服用は1回とし、次の服用は24時間以上あけるようにします。